新着ニュース詳細

あるビール会社の調査なんですが、20~60代約8000万人のうち約2000万人がいつもお酒を飲む人なんですって。ようは私のような人ですね^^


ということは残り約6000万人が、いつも飲んでないんですね。私と全く真逆です♪


うひょーーーー❣️
そんなにいるんだーー



言い換えれば、この約6000万人の「飲めない人」「飲めるけど飲まない人」「お酒が弱い人」に、少しでも「このドリンクなら飲みたい」と思ってもらえたら、居酒屋を経営している私にとってはチャンスですよね❣️

コロナで客数が落ちている居酒屋が多いなか、「飲めない人」「飲めるけど飲まない人」「お酒が弱い人」に喜んでいただきながら、少しでも客単価が上がれば、売上が上がり店も助かりますよね。

drinkmenu

そこで今月から、私の居酒屋のドリンクメニューをこんな感じにしました

drinkmenu2

表面はお酒大好きな人向けのドリンクメニュー❤️ 日本酒は黒板メニューにあります。

裏面は、アルコール3%前後の「低アルコールドリンク」と「ノーアルコールドリンク」といった、「飲めるけど飲まない人」「飲めない人」「お酒が弱い人」向けのドリンクメニューにしました❣️ アルコール3%前後といっても、北のさくらの果実のお酒を炭酸で割ってるだけなんです。ロックで出すと7%。 これがスゴイ評判がいいんです❣️ ・アルコールが弱いけど、せっかく居酒屋に来たから少しだけ飲みたい人、 ・明日仕事だからそんなに飲みたくないけど、1杯〜2杯くらいは飲みたい人、 ・普段はほとんど飲まないけど、これだけ種類があると飲んでみようかなと思う人、 ・ほとんどのお店は、烏龍茶、コーラ、オレンジジュースといった定番のソフトドリンクしかないけど、これだけの種類のノーアルコールドリンクがあれば、2〜3杯は飲みたい人、 ・これなら飲む人の割り勘要員にならなくてホッとする人(笑) などなど、このような理由で、このドリンクメニューにしてからは、客単価もお客様に喜んでいただきながら数百円アップしました❣️ 居酒屋のみなさん ぜひ北のさくらの商品を使ってみるといいですよ❣️ 結局、宣伝になっちゃった(笑)